蓄電池のメリット

電気代をお安く!災害時にも安心!
蓄電池の4つのメリット

「電気代を安くしたい」「災害時の備えにしたい」「電気自動車にしたいけど電気代が…」
このページをご覧の方は、こうした理由から蓄電池の導入を検討されているのではないでしょうか?
ここではご家庭へ蓄電池を導入する際の4つのメリットをまとめました。
是非導入時の参考になさってください。

01

電気料金をかしこく削減

電気料金を
かしこく削減

02

災害時の「もしも」に安心

災害時の
「もしも」に安心

03

電気自動車との相性が抜群!

電気自動車との
相性が抜群!

04

CO2削減に貢献できる

CO2削減に
貢献できる

01電気料金をかしこく削減

まずは、蓄電池の購入を検討している多くの方がお考えの、毎月の電気代の削減についてです。
蓄電池を導入した場合、深夜料金が安いプランに変更するご家庭が一般的です。
蓄電池に料金が安い深夜に電力を貯め、それを太陽光が動かない夜と朝に使用する。日中は、太陽光で発電される電力を使用する。
これだけで日々の電気代を削減できます。

電気料金をかしこく削減

02災害時の「もしも」に安心

災害などで停電になった場合に、太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯めて使うことができます。
今のご時世、いつどこで災害が起こるか分かりません。
実際に災害が起こる前に蓄電池を導入しくと「もしも」の時に安心です。

災害時の「もしも」に安心

03電気自動車との相性が抜群!

電気自動車と組み合わせて、車が走るために必要なエネルギーをほとんど太陽光発電で賄うことが可能な「トライブリッド」と呼ばれるタイプの蓄電池も発売されています。
トライブリッド蓄電システムなら電気自動車に貯めた電気も使うことができるので、長期間の停電時にも、大容量の車載電池も使うことができるので安心です。

電気自動車との相性が抜群!

04CO2削減に貢献できる

蓄電池を使い、電気をあまり使わない時間帯に電気を貯めておき、電気を多く使う時間帯に使用することで、環境にやさしい「ピークシフト」も実施できます。
電力需要のピークが大きくなるほど、火力発電の稼働率を上げる必要があり、石炭や石油、天然ガスの使用量が増大します。
蓄電池を導入するだけで、節電だけでなくCO2削減にも貢献でき、地球温暖化や気候変動などに対する対策にもつながります。

CO2削減に貢献できる

蓄電池はの導入は、こういった様々なメリットがあります。

自家製電気を上手にやりくりして電気も自給自足。
電気代の削減ができ、災害時にも備えらえる、そして地球環境にも優しい。
そんな、ちょっと未来の電気の使い方もできます。

「蓄電池を導入するか全く決めてないけど、どのくらいの費用がかかるのか知りたい。」といった軽い気持ちでも結構ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

安全・安心な未来のエコシステム
をご提供致します。

お見積りは無料です。
どんなことでもお気軽にご相談下さいませ。

蓄電池

太陽光発電システム

オール電化

エレワイズ

0120-989-227

受付時間 10:00~19:00(土日祝定休日)

フォームでのお問い合わせはこちら

合同会社SHD
〒904-2165
沖縄県沖縄市宮里4丁目32-19